現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

営業カレンダー

2017年10月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※赤字は休業日です
月火金)10:00-18:00
土日祝)10:00-16:00
※臨時休業有

Globalsign SSL Site Seal

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

漆器くにもと

高岡漆器/漆器くにもと スウジバッチ

漆器くにもと コンセプト

オモテは螺鈿(らでん)、ウラはヴィンテージのファブリック。
同じ組み合わせのない一点ものスウジバッチ。

デザイナー 有井姉妹のデザインを高岡漆器と螺鈿(らでん)の技法で作りあげた「スウジバッチ」です。0〜9の数字がデザインされており、テレビでも紹介され話題になりました。螺鈿(貝殻を使った装飾)部分は、光の当たり方で色合いを美しく変化させ、キラリと存在感を放ちます。裏はヴィンテージのファブリックを使用。まるでマカロンのようなカワイイシルエットに仕上がっています。



漆器くにもと 匠のこだわり
この製品の螺鈿装飾は「青貝塗(あおかいぬり)」という技法で作られている。青貝塗とは、江戸初期当時の富山藩主 前田正甫公が、京都より招致した名工 杣田清輔に影響されて発展した技法といわれる。「うちは全て手作業。貝は主に鮑(あわび)を使用。九州か沖縄あたりで獲れた大きいものを使っています」。これを0.1ミリまで研磨して装飾する。技術的には難しいが、こうすると発色がさらに美しくなる。下絵はフリーハンド。貼り方によって、センスがでる。この仕事には絵心も
求められる。


漆器くにもと ディテイル

それぞれ数字にちなんだデザインがされています。

漆と螺鈿の光沢が、バッジに高級感を与えています。
漆と螺鈿の光沢が、バッジに高級感を与えています。
   
綿が詰まって、ぷっくり仕上がっています。 裏は針式の留め金具が付いています。
綿が詰まって、ぷっくり仕上がっています。 裏は針式の留め金具が付いています。
   
背面はビンテージファブリック仕様。表・サイドのシルク紐、ファブリックの柄と、同じ組み合わせがない一点ものです。※ヴィンテージファブリックを使用しているため、裏面の柄・色を選ぶことはできません。 オリジナル化粧箱に入っています。
背面はビンテージファブリック仕様。
表・サイドのシルク紐、ファブリックの柄と、
同じ組み合わせがない一点ものです。
※ヴィンテージファブリックを使用しているため、
裏面の柄・色を選ぶことはできません。
オリジナル化粧箱に入っています。
   


デザイナープロフィール 有井優雅
有井優雅 ーありい ゆまー
早稲田大学卒。電機メーカー営業職として4年間勤務。ヨーロッパを旅行中、日本のデザインや美しい素材の輸出をしたいと思い立つ。貿易実務を2年間経験した後、留学。ロンドン KLC School of Design にて Interior Design Diploma取得。在学中より、欧州各国にて突撃行商を行った結果、リデザインとスタイリングの必要性を痛切に感じる。妹を誘って2005年にY2を起業後、業務用のスタイリング提案を中心に輸出事業を拡張。国内のメーカー企業様向けに商品開発やブランディング戦略立案も手がけるようになる。2011年より、実践経験を生かし輸出サポート業務を本格的に開始。企画、営業、
貿易担当。

デザイナープロフィール 有井優香
有井優香 ーありい ゆかー
女子美術大学卒。イタリア留学、ディスプレイデザインを学ぶ。2001年より デコレーターアシスタントとして活動。ショップウィンドウの他、Pitti Immagine Filati ” Gift” セクションのデコレート、Pitti Immagine Uomoにて、場内壁面のイラストを描くなど経験。また、日本のファッションブランドの販促イベントでイタリア中を巡業し、ブランディングの重要性やプレス業務の大変さを身に沁みて体感する。帰国後、アパレルメーカーにて販促職に従事。2005年、姉とともにY2を起業。 デザイン、コーディネートワーク全般を担当。デザインポリシーは、「ムリのないもの、
たのしいものを。」

高岡漆器
加賀藩二代藩主の前田利長公が、全国各地から高岡の町に職人や商人を集めて城下町の町人工芸としてはじまったのが「高岡漆器」のはじまりといわれています。仏壇、箪笥(たんす)、長持(ながもち)などが作られ、高岡周辺にとどまらず日本全国にまで広がっていったといいます。幕末から明治期にかけては、勇助塗(ゆうすけぬり)、錆入れ(さびいれ)、螺鈿(らでん)など多彩な技法も開発され、さらに、明治中期に考案された「彫刻塗(ちょうこくぬり)」は、高岡漆器に新たな価値を加えました。高岡の漆器はその技を常に進化させながら発展し、今でも盆や茶道具、室内調度品などさまざまな製品づくりが行われています。昭和50年には国の「伝統工芸品」の指定も受けています。

漆器くにもと バリエーション

   

0

1

漆器くにもと スウジバッチ 0 漆器くにもと スウジバッチ 1
漆器くにもと スウジバッチ 0 漆器くにもと スウジバッチ 1
   

2

3

漆器くにもと スウジバッチ 2 漆器くにもと スウジバッチ 3
漆器くにもと スウジバッチ 2 漆器くにもと スウジバッチ 3
   

4

5

漆器くにもと スウジバッチ 4 漆器くにもと スウジバッチ 5
漆器くにもと スウジバッチ 4 漆器くにもと スウジバッチ 5
   

6

7

漆器くにもと スウジバッチ 6 漆器くにもと スウジバッチ 7
漆器くにもと スウジバッチ 6 漆器くにもと スウジバッチ 7
   

8

9

漆器くにもと スウジバッチ 8 漆器くにもと スウジバッチ 9
漆器くにもと スウジバッチ 8 漆器くにもと スウジバッチ 9
   

※ご覧になっているモニターにより、製品との色が異なる可能性がある事をご了承願います。