現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

営業カレンダー

2017年5月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2017年6月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※赤字は休業日です
月火金)10:00-18:00
土日祝)10:00-16:00
※臨時休業有

Globalsign SSL Site Seal

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

加賀友禅GARA工房

加賀友禅GARA工房/加賀友禅GARA工房 シルク猫

加賀友禅GARA工房 コンセプト
加賀友禅の手わざで、一つ一つ染め上げた、キュートで上品な「シルク猫クッション」。


加賀友禅GARA工房 ディテイル

愛らしい猫と、加賀友禅らしい椿がデザインされています。

加賀友禅GARA工房 シルク猫 正面

加賀友禅GARA工房 シルク猫 後

加賀友禅とまったく同じ工程で染め上げています。 ゆる〜い後ろ姿も和みます。
加賀友禅とまったく同じ工程で染め上げています。 ゆる〜い後ろ姿も和みます。
   

加賀友禅GARA工房 シルク猫 外ぼかし

外が濃く、内側に向かい少しずつ薄くなっていく「外ぼかし」の椿。

着物に用いられる上質な絹地を使用。光沢があり、肌に優しくツルツルなめらか。 縫製も作り手である森内氏が自分で行っています。
着物に用いられる上質な絹地を使用。光沢があり、肌に優しくツルツルなめらか。 縫製も作り手である森内氏が自分で行っています。
   
「GARA」工房のロゴ 「GARA」工房のタグ
「GARA」工房のロゴ 「GARA」工房のタグ
   

伝統の染め技法で猫を描いた、まるでペットのような可愛らしさが魅力の「シルク猫クッション」です。加賀友禅の工程そのままに作られており、生地も加賀友禅と同じ滋賀 長浜の絹地(はまちりめん)を使用。美しい色合いと上質な肌ざわりで、リビングのソファにも似合います。着物のデザインとして親しまれてきた椿模様も、外ぼかしの技法で描かれています。ギフトにもおすすめです。
匠のこだわり
加賀友禅では、下絵(青花〈紫露草〉を用いる)の線にそって「糸目糊(いとめのり)」という糊で、筒から糊をしぼり出しながら糊を引くのが特長のひとつとされており、この出来が文様の美しさの生命線といわれている。森内氏は一般的に使われる「ゴム糊」は使わず、自分で作る「もち米糊」を使用。そのほうが線にゆらぎが生まれ、絵に味が出るのだという。そのため、糊置きの作業は特に集中して行う工程となる。合理的な作業効率をあえて排し、手作業で丁寧に丸や直線を描いていく。線一本一本には、こだわりがあり、 そうして描かれた絵には、森内氏だけにしか描けない感性が見事に表現されている。
加賀友禅
加賀友禅の染色技法が確立されたのは、江戸の頃、京都で扇絵師をしていた宮崎友禅斎により始められたといわれて、加賀藩の文化振興政策の庇護のもと、確立・発展を遂げました。加賀友禅は、[図案]−[下絵]−[糊置(のりおき)]−[彩色(さいしき)]−[中埋]−[地染]−[蒸し]−[水洗]−[仕上げ]のそれぞれの工程を経て完成します。上質な肌ざわりが心地よい滋賀 長浜の絹地(はまちりめん)を生地に使い、描かれる文様は武家文化の影響を受けた写実的で絵画的なものと評され「花鳥風月」が一般的に描かれます。花や風景は、外が濃く、内側に向かい少しずつ薄くなっていく「外ぼかし」といわれる技法で描かれることが多く、草花模様はいずれも季節感を表現し、フォーマルな加賀友禅に欠かせないものとなっています。

バリエーション

シルク猫

落ち着いた大人の猫をイメージしたシルククッション

ぶた猫・黒椿/白椿 ふつう猫・黒椿/白椿 子猫・黒椿/白椿
加賀友禅GARA工房 シルク猫 ぶた猫・黒椿/白椿 加賀友禅GARA工房 シルク猫 ふつう猫・黒椿/白椿 加賀友禅GARA工房 シルク猫 子猫・黒椿/白椿
加賀友禅GARA工房 シルク猫 ぶた猫・黒椿/白椿 加賀友禅GARA工房 シルク猫 ふつう猫・黒椿/白椿 加賀友禅GARA工房 シルク猫 子猫・黒椿/白椿

※ご覧になっているモニターにより、製品との色が異なる可能性がある事をご了承願います。