現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

営業カレンダー

2017年4月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※赤字は休業日です
月火金)10:00-18:00
土日祝)10:00-16:00
※臨時休業有

Globalsign SSL Site Seal

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

流工房

JAPAN IRON 盃 ブルー 魚|流工房

JAPAN IRON 盃 ブルー 魚|流工房 思いを馳せて、すっと呑む。


コンセプト

日本の美しい情景を立体感のある蒔絵で再現。至福のひとときを彩る南部鉄の盃。

岩手の南部鉄器と浄法寺漆のコラボレーションから生まれた盃です。奥行きを感じさせる立体的な蒔絵はまるで3Dのよう。四季を表現した日本の風景画のような蒔絵が描かれています。手にしっくりなじむような漆の質感、南部鉄のちょうどよい重さが酒の旨さを引き立てます。海外でも高い評価があり、自分使いのほか、大切な方への贈り物として喜ばれます。

流工房 JAPAN IRONとは

岩手の伝統とアートが融合した新しい
価値を持った南部鉄製品、
それが「JAPAN IRON」。古くより
武具や神社仏閣に使われ、ヨーロッパで
「JAPAN」と呼ばれている「漆(うるし)」
の中で、国内トップクラスの生産量と
高い品質を誇る「浄法寺漆」と
「南部鍛造」のコラボレーションから
生まれました。日本的な自然観を
表現した蒔絵が描かれています。



流工房 ディテイル

漆と鉄の素朴な質感の中に清涼感のあるブルーと、ゆらゆら泳ぐ川魚を表現しています。

口元は最小限に薄くすっとお酒がのど元を流れ込んでいきます。

木製の盃台付きです。

巾着に入れてお届け致します。

流工房 南部鉄器とは
江戸時代、文化に造詣の深い南部藩主によって
保護・育成され、その後約400年に渡り
受け継がれてきた伝統の技術「南部鍛造」。
そこから作られた鉄器は「南部鉄器」と呼ばれ、
鉄瓶や風鈴、茶道具等で広く知られ、
現在ではニューヨーク、パリ、中国などでも
注目されています。
流工房の南部鉄アクセサリーは、南部鉄瓶の
鉉(取っ手)を作る鍛造の技術をきっかけに
生まれた工芸品です。


※ご覧になっているモニターにより、製品との色が異なる可能性がある事をご了承願います。
※全て手作りの為サイズ、絵柄等が多少異なる場合がございます。

サイズ

JAPAN IRON 盃 ブルー 魚|流工房 サイズ   盃サイズ:
直径 約8×高さ 約3cm

素 材:鉄、漆

付属品:盃台、巾着

本体重量:約95g

生産国:日本(岩手県)

  • NEW
商品コード:
lif-003-005-002-004-A-ryu

JAPAN IRON 盃 ブルー 魚|流工房

販売価格(税込):
54,000
ポイント: 500 Pt
発送までの期間(当店休業日を除きます):5日以内

取扱い店舗:
流工房
関連カテゴリ:
生活 > 食器・キッチン用品 >
岩手の南部鉄器と浄法寺漆のコラボレーションから生まれた盃です。漆と鉄の素朴な質感の中に清涼感のあるブルーと、ゆらゆら泳ぐ川魚を表現しています。
奥行きを感じさせる立体的な蒔絵はまるで3Dのよう。四季を表現した日本の風景画のような蒔絵が描かれています。手にしっくりなじむような漆の質感、南部鉄のちょうどよい重さが酒の旨さを引き立てます。

この商品に対するお客様の声

その他のオススメ商品

JAPAN IRON 盃(大)

販売価格(税込): 54,000 円

岩手の南部鉄器と浄法寺漆のコラボレーションから生まれた「盃(大)」です。奥行きを感じさせる立体的な蒔絵はまるで3Dのよう。四季を表現した日本の原風景のような蒔絵が描かれています。漆の手にしっくりなじむような質感、南部鉄のちょうどよい重さが酒の旨さを引き立てます。海外でも大好評を頂いており、自分使いのほか、大切な方への贈り物として喜ばれております。

浄法寺漆器 盃

販売価格(税込): 5,292 円

高品質な純国産漆である貴重な「浄法寺漆」で作られた、漆の柔らかな質感がお酒の味を一層ひきたてる盃です。使うほどに趣のある色合いに変わっていきます。軽くて耐久性が高く、抗菌性が高いのも特長です。浄法寺の伝統工芸士・岩舘隆氏が自ら採取した漆を精製して塗っています。いいものを長く使うことは、心を豊かにし、出費を抑えられるので節約にもなります。漆器は日本の「エコ」の原点かもしれません。