Nipponism ニッポニズム 日本には、まだ知られていない、人、技、モノ、文化が、たくさんあります

ニッポニズム公式ブログ

TOP > 作り手と出会うTOP >高岡銅器|syouryu: 島谷 好徳さん

高岡銅器|syouryu: 島谷 好徳

叩いて、生まれる。

高岡の伝統を守り、新たな風を生み出す

長高岡市の伝統産業青年会に所属し、同じ志を持つ仲間と全国、世界を夢見て、寺院用の
「おりん」技術を継承する作り手がいる。有限会社 シマタニ昇龍工房の島谷好徳氏だ。
四代目として家業を継ぎ、新たに新ブランド「syouryu」を立ち上げ、独自の感性でヒット作「すずがみ」を生み出すなどその活躍は目覚ましい。作り手の想いや、そのこだわりに迫ってみた。
     

伝統

父親の引いたレールに乗っかるのは嫌だった

高岡市で100年続く、明治42年創業の老舗に生まれた島谷氏に当然世襲の話はあった。「全く継ぎたくなかったですね。(笑)力仕事で大変そうだし、地味な仕事のイメージがあったのと、親に引かれたレールに乗りたくなかったんですよ」としみじみと語る島谷氏。 全く関連のない国際政治を学んでいたという東京の大学時代を経て、卒業後も1年間様々なアルバイト生活をしていた。いろんな職場で、自分には何が適正な仕事かを考えていたという。最終的には23歳で高岡に戻ることを決断する。

きっかけは、地元を離れて客観的に家業と向き合えたこと。自分の気持ちと正直に見つめ合った上で、伝統技術の担い手になることを決心する。

 

高岡銅器|syouryu: 島谷 好徳

     

高岡銅器|syouryu: 島谷 好徳

 

世襲

修行の道へ

いざ、四代目として家業を継ぐにあたってはゼロからのスタートだった。 そもそも「おりん」の作り手は国内でも10人に満たないらしい。そのうち3人のりん職人を有するシマタニ昇龍工房は、大変貴重な存在。金槌で叩くことで板を絞り、丸みを整え、音を調律することで完成するという匠の技は、まさに寡黙な職人技が生み出す芸術。

「修行には12年かかりましたね」という島谷氏。手作業による「技術」は5年で習得したが、音を聞き分ける「五感」を磨くのにも同等の時間が必要だったという。島谷氏が「地味な仕事」と表現するりん製作ではあるが、このプロセスを経てからこそ、初めてあの全身に響き渡る「おりん」の美しい音色が生まれることも事実である。

線
     

すずがみ

そして「すずがみ」が生まれる

島谷氏は、伝統産業青年会主催のギフトショーへ毎年出店していた。会の理念は「常に新しいものの発掘」のため、常に新しい商品開発が必要だった。参加当初は、「おりん」の工房ということもあり、真鍮を使ったコースターなどを出店していたが、食器の材料としては使えないなど用途が限られるという。
そこで島谷氏が注目したのが、高岡でも盛んになってきた「すず」の加工品。すずはもともと柔らかい素材のため、すず100%に対して1%の銀や銅を入れて硬くし使用するのが一般的だったが、島谷氏は、市場にはあまり例のない「すず100%」の商品開発を目指す。加熱して溶かした金属を鋳物といい、これを叩くと壊れやすいという難点があったのだが、圧延(あつえん)という圧力で金属を延ばす加工ができる業者を見つけ出し、圧延されたすずを叩いてみると、意外に丈夫なことがわかった。最初は1.5〜2.0㎜厚のお皿を作っていが、「これは、もっと薄くしてもいけるなと思い、もっともっとという感じで業者にお願いをしたんですよ。そしたら0.7㎜まで圧延できて、問題ありませんでした。」

ヒット商品「すずがみ」の原型がここで完成する。

 

すずがみ

線
     

すずがみ

 

ヒット商品

「すずがみ」ブレイクのきっかけ

今や、様々なメディアで取り上げられる人気の商品となった「すずがみ」だが、きっかけはあるネットショップへの出品だった。それをみたテレビ東京の関係者から「ワールドビジネスサテライト」への出演依頼が来たことで一躍ときのひととなる。

「あのときは、金曜日に電話が来て、月曜日に来てくれと言われたんですよ。テレビってすごいなと思いましたね(笑)」一気に動き出した「すずがみ」のPR活動は、その後も加速する。出演をきっかけに自社サイトへのアクセスも急増し、他のテレビ番組への出演や雑誌の取材も相次ぎ、3ヶ月で5,000枚を受注した。ただ、日中は本業の「おりん」の製作があるため、17:00〜20:00までの3時間で、1日50枚作るのがやっとの状態。当時はやむなくお断りするケースも増えていた。

「もともと年間2,000枚ぐらいいけば…ぐらいの目標だったんですよ。」と笑う島谷氏。忙しい毎日に奥様にもパッケージングを手伝ってもらうようになったという。どこまで人気が加速するか益々楽しみになってきた。

線
     

コンセプト

syouryuへの想い

独特なブランドsyouryuのロゴの意味は「かならず叩いたものを商品として世の中に送り出したい」という島谷氏の想いから、商売道具の金槌をモチーフにした。 すずがみは自由に形を変えられるという商品。「食卓に1枚あることで、家族の会話が弾んだり、子どもが曲げて遊んだりといろんな楽しみ方をしてもらたいですね。」と願う島谷氏。

もともと冷たい印象を受ける金属を叩くことで生まれるぬくもり。島谷氏の創りだす「すずがみ」には、美しく変化するフォルムとともに、無限の夢が詰まっている。

 

すずがみ

作り手紹介

高岡銅器|syouryu: 島谷 好徳

島谷 好徳さん

高岡市の伝統産業青年会に所属する「おりん」職人。新たな商品開発を手がける過程で、「すず」を100%で使用した「すずがみ」を生み出し、一気にブレーク。金槌で叩くことで、職人の魂とぬくもりを吹き込む。高岡発の伝統工芸品を未来に繋ぐべく、益々の活躍が期待される。

通販ショップで商品を見る

syouryu

職人インタビュー

金槌で叩くことで、職人の魂とぬくもりを吹き込む。高岡発の伝統工芸品を未来に繋ぐべく、益々の活躍が期待される。

  • すずがみ|syouryu

検索結果

  • 商品カテゴリー:指定なし
  • 店舗:syouryu
  • 商品名:指定なし
2件の商品がございます。
すずがみ

すずがみ

540~9,504
すずがみ」は、熟練の鍜金職人が金槌で叩く事で、錫(すず)の板を薄く圧延し作られたアイテムです。紙の様に薄い錫という事から名付けられた様に、無理なく簡単に「曲げる」事ができます。また、一度曲げた状態から、「ころ」を使って元の平たい形に戻すのも、この「すずがみ」の醍醐味です。ご使用時には「曲げて」、収納時には、「伸ばして」...。様々なシーンでご使用できます。
柄&オプション(sho):
サイズ(suzugami_syo):
数量:

お問い合わせ


作り手一覧

nipponismの最近のつぶやきを3件表示

"ニッポニズム"で検索した結果を5件表示

ページTOPへ

Globalsign SSL Site Seal

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Copyright (C) 2011-2017 Nipponism.jp, All rights reserved.