Nipponism ニッポニズム 日本には、まだ知られていない、人、技、モノ、文化が、たくさんあります

ニッポニズム公式ブログ

TOP > 作り手と出会うTOP >山中漆器 我戸幹男商店 我戸 正幸さん

山中漆器 我戸幹男商店/我戸 正幸

芭蕉ゆかりの地で、新しい山中漆器の創出に情熱を注ぐ。

     

10年、20年経っても廃れないデザインを目指して。

我戸幹男商店(がとみきお しょうてん)は、1908年、初代が我戸木工所として創業したのがはじまりとされている。現在この店で新しい製品の企画を提案しているのが四代目にあたる我戸正幸氏だ。

もともと、漆器の原形となる木を加工する、いわゆる「木地職人」だったが、二代目 幹男氏の頃から、木地師を雇って商売するかたちに変わる。そして三代目の彰夫(あきお)氏と宣夫(のぶお)氏〈彰夫氏は正幸氏の父であり、宣夫氏は叔父にあたる〉が、初代からの木地師の意思を受け継ぎ、その後、彰夫、宣夫の二人の頭文字を取って「彰宣(しょうせん)」というブランドが生まれている。

正幸氏は、製品をデザインする「デザイナー」と確かな技術を持つ職人たちとの橋渡し役として、新しい山中漆器を発信している。「不易流行を、仕事のモットーにしています。例えば、新しい製品を創るとき、何か売れるものはないか?変わったものはないか?爆発的に売れるものはないか?と探してしまいがちですが、奇をてらわない漆器を創りたいのです。私はデザイナーの方に、10年、20年経っても廃れないデザインをしてくださいとお願いします。月日が経つほどに、にじみ出るようなデザインで、美しい、きれい、すごいと言われる、そんな山中漆器を創りたいのです。しかし、デザイナーの方が考えるデザインですから、今までの漆器の概念にくらべたら、新しいスタイルの素敵なデザインが提案されることが多いんですよ。で、その今までにないカタチを実現するために、今度は昔ながらの山中漆器の技術を活かすわけです」。

変わらない山中漆器の伝統の技を「不易」、現代に生きる感性から生まれるデザインを「流行」と捉え、このふたつを融合し、新しい漆器を生みだすのが正幸氏の仕事の流儀なのだ。

 

我戸幹男商店

破線

     

我戸幹男商店 職人

 

職人とデザイナーをつなぐ漆器コーディネーター。

山中漆器といえば、 全国一の「轆轤(ろくろ)挽き」産地として有名である。山中漆器は、卓越した技を持つ「木地師」によって支えられているといっても過言ではないだろう。

「木を加工する轆轤(ろくろ)の技術や精度は、山中漆器の代名詞ですよ。合口物などの精度を高める『縦木取り』、木地が透ける程に薄い『薄挽き』、無数に施される筋『千筋』などの加飾挽きは山中独自の技術で、山中の木地師にしかできない技術です」と正幸氏。

現在、デザイナーが12人、木地師が20人、そのほかに、塗り師、蒔絵師などを束ねる、いわゆるプロデューサー的なポジションでデザイナーと職人のコーディネートをしている。「デザイナーの提案してくる斬新なデザインに対して、昔気質の伝統を重んじる職人さんの中には抵抗感を感じる方もいます。そこを上手く調整して、製品を完成させていくのが私の仕事の醍醐味です。でも私は職人泣かせでしょうね。無理ばっかり言ってますから(笑)」。

破線

     

450年の歴史を持つ山中漆器の技術と、今の感性を融合。

我戸幹男商店の製品のひとつの特長として、木目の美しさがある。創業のころから、木地師が一つ一つ丁寧に挽き上げた木地の完成度を大切にして、決して隠すこと無く豪快に木目を見せる。「木目を見せるということは、裏を返せばごまかしが利かない、ということです。素材、木地の精度、透明感のある拭漆(ふきうるし)、すべてが完璧になったとき、ひとつの製品ができあがるわけです」。職人たちが受け継ぐ山中漆器の高い技術を活かした実用性と、デザイナーの感性が生みだした和の美意識に基づいた高い芸術性。これらを融合した不易流行の漆器について語る正幸氏は、とても情熱にあふれていた。

芭蕉が唱えた不易流行という俳諧の論「目標とすべき理想の句は、時代と共に変化する流行(流動性)を含みながらも、永遠性を持つ詩心(普遍性)が備わっている句である」。この言葉に込められている俳句づくりの心構えは、奥の細道ゆかりの地にある、我戸幹男商店の漆器づくりの流儀にも受け継がれている。

 

我戸幹男商店 商品

     

作り手紹介

我戸幹男

我戸 正幸さん

1908年創業の老舗「我戸幹男商店」の四代目にあたる。山中温泉生まれで小・中・高と山中で過ごし、高校卒業後、金沢で経理・簿記の勉強。20歳で東京へ出て、漆器を扱う問屋で修業を重ね、営業力、流通の知識、全国の漆器の特長などを学ぶ。28歳で山中温泉に戻ってからは、感性豊かなデザイナー、技術の確かな職人たちとのコラボレーションから、山中漆器の特長を最大限に活かし、新しさと伝統が融合した漆器を提案している。

通販ショップで商品を見る

我戸幹男商店

職人インタビュー

デザイナーの現代的な感性と職人が受け継ぐ伝統の技術を山中漆器に活かし、新しさと伝統が融合した漆器を発信しています。

  • 彰宣 KARMI Tea Canisters 俵 Soji/釜 Sumi
  • 彰宣 SAKURA 湯呑 たまご
  • 彰宣 欅 うすびきカップ plain

検索結果

  • 商品カテゴリー:指定なし
  • 店舗:我戸幹男商店
  • 商品名:指定なし
14件の商品がございます。
彰宣 欅 うすびきカップ plain

彰宣 欅 うすびきカップ plain

4,320~6,480
極限まで薄く挽かれた木地で、絶妙な口当たり、驚くほどの軽さ、欅のやさしい質感、これらを見事に融合させた漆器「うすびきカップ」。縦木取りにより木地の強度を確保し、木地師がそのプライドをかけて極限まで薄く挽き上げています。薄く仕上げられた木地は、山中漆器の神髄を追求した証。木目の美しさも魅力です。芸術的な山中漆器の粋を、どうぞお楽しみください。
サイズ(gat_usubiki):
数量:

お問い合わせ

彰宣 KARMI Tea Canisters 元 Soji

彰宣 KARMI Tea Canisters 元 Soji

12,960
山中漆器が誇る繊細な技を持つ木地職人が、溝の一本一本を手作業で挽く「千筋(せんすじ)」と呼ばれる技法で仕上げたダージリンティーなどにおすすめのシンプルなティーキャニスター「KARMI(かるみ)Tea canister 元 Soji」。合口(あいくち)と呼ばれる蓋部の加工精度も非常に高く、滑らかに開閉し、密閉性も高いので、お茶の風味を逃しません。山中漆器ならではのデザインで国際的デザイン賞も受賞。
カラー( KARMI Tea Canisters):
数量:

お問い合わせ

彰宣 KARMI Tea Canisters 菱 Sumi

彰宣 KARMI Tea Canisters 菱 Sumi

14,040
山中漆器が誇る繊細な技を持つ木地職人が、溝の一本一本を手作業で挽く「千筋(せんすじ)」と呼ばれる技法で仕上げたダージリンティーなどにおすすめのモダンなティーキャニスター「KARMI(かるみ)Tea canister 菱 Sumi」。合口(あいくち)と呼ばれる蓋部の加工精度も非常に高く、滑らかに開閉し、密閉性も高いので、お茶の風味を逃しません。山中漆器ならではのデザインで国際的デザイン賞も受賞。
数量:

お問い合わせ

彰宣 KARMI Tea Canisters 俵 Soji

彰宣 KARMI Tea Canisters 俵 Soji

12,960
山中漆器が誇る繊細な技を持つ木地職人が、溝の一本一本を手作業で挽く「千筋(せんすじ)」と呼ばれる技法で仕上げた緑茶用木製茶筒「KARMI(かるみ)俵」。外観を飾るこの筋は、滑り止めの役割を果たしながらデザイン的にも繊細な深みを与えています。また、合口(あいくち)と呼ばれる蓋部の加工精度が非常に高く、滑らかに開閉し、密閉性も高いので、お茶の風味を逃しません。
カラー( KARMI Tea Canisters):
数量:

お問い合わせ

彰宣 KARMI Tea Canisters 釜 Sumi

彰宣 KARMI Tea Canisters 釜 Sumi

14,040
山中漆器が誇る繊細な技を持つ木地職人が、溝の一本一本を手作業で挽く「千筋(せんすじ)」と呼ばれる技法で仕上げた緑茶用木製茶筒「KARMI(かるみ)釜」。外観を飾るこの筋は、滑り止めの役割を果たしながらデザイン的にも繊細な深みを与えています。また、合口(あいくち)と呼ばれる蓋部の加工精度が非常に高く、滑らかに開閉し、密閉性も高いので、お茶の風味を逃しません。
数量:

お問い合わせ

彰宣 SAKURA 湯呑 たまご

彰宣 SAKURA 湯呑 たまご

4,104
木地の山桜ならではの、心材(幹の真ん中)と辺材(心材の外側)がつくりだす褐色と淡い黄褐色のコントラストが美しい山中漆器 「SAKURA 湯呑 たまご」。両手で包み込めるようデザインされていて、熱々のお茶を入れても熱くなりにくく、手にしっくと馴染みます。 緑茶や紅茶をはじめ、ハーブティー、コーヒー、日本酒、ビールなどにもおすすめ。自然素材のぬくもりをお楽しみください。
カラー(gat_sakura):
数量:

お問い合わせ

彰宣 AEKA ラウンド汁椀

彰宣 AEKA ラウンド汁椀

5,184
木地を極限まで薄く挽く、山中漆器ならではの高度なろくろ技術でつくられた汁椀「AEKA(あえか)ラウンド汁椀」。薄く仕上げられた木地は、漆器の粋を追求した証。優美で繊細な曲線が美しいフォルムを描きます。「あえか」とは、弱げな様、儚げな様の意。食卓をやわらかく包み込む芸術的な漆器美をどうぞお楽しみください。
カラー(gat_aeka):
数量:

お問い合わせ

彰宣 AEKA ラウンド飯椀

彰宣 AEKA ラウンド飯椀

4,536
木地を極限まで薄く挽く、山中漆器ならではの高度なろくろ技術でつくられた飯椀「AEKA(あえか)ラウンド飯椀」。薄く仕上げられた木地は、漆器の粋を追求した証。優美で繊細な曲線が美しいフォルムを描きます。「あえか」とは、弱げな様、儚げな様の意。食卓をやわらかく包み込む芸術的な漆器美をどうぞお楽しみください。
カラー(gat_aeka):
数量:

お問い合わせ

彰宣 KOTON U型 black

彰宣 KOTON U型 black

16,200
キッチンをはじめ、リビングから書斎まで、どこに置いても、そっとその空間になじむオブジェのように美しい山中漆器の小物入れ「KOTON(ことん) U型 black」。ボウル+中皿+お皿と三段に重なり、美しい木目とU字のかわいいデザインが魅力。「KOTON」という名は、器を重ねたときやテーブルに置いたときに「コトン」という音がすることから。また、山中温泉の方言で「重ねる」と言う意味もあります。
数量:

お問い合わせ

彰宣 KOTON V型 black

彰宣 KOTON V型 black

16,200
キッチンをはじめ、リビングから書斎まで、どこに置いても、そっとその空間になじむオブジェのように美しい山中漆器の小物入れ「KOTON(ことん) V型 black」。ボウル+中皿+お皿と三段に重なり、美しい木目とV字のシャープなデザインが魅力。「KOTON」という名は、器を重ねたときやテーブルに置いたときに「コトン」という音がすることから。また、山中温泉の方言で「重ねる」と言う意味もあります。
数量:

お問い合わせ

彰宣 KOTON Y型 black

彰宣 KOTON Y型 black

16,200
キッチンをはじめ、リビングから書斎まで、どこに置いても、そっとその空間になじむオブジェのように美しい山中漆器の小物入れ「KOTON(ことん) Y型 black」。ボウル+中皿+お皿と三段に重なり、美しい木目とY字の印象的なデザインが魅力。「KOTON」という名は、器を重ねたときやテーブルに置いたときに「コトン」という音がすることから。また、山中温泉の方言で「重ねる」と言う意味もあります。
数量:

お問い合わせ

彰宣 TURARI 椀 black(M)

彰宣 TURARI 椀 black(M)

5,400
美しいラインとシャープな細目挽きが印象的なデザイン漆器「TURARI(つらり)椀 black(M)+/-」。「つらり」とは一列に並ぶ様のこと。山中漆器の高度なろくろ技術によって可能になる器です。側面のふくらみ(+R)と、しぼり(-R)で揃えて並べればぴったりとフィットして、重ねれば波状のシルエットを創りだします。タンブラー等にお使いいただけます。
型(gat_turari):
数量:

お問い合わせ

彰宣 TURARI 皿 black(S)

彰宣 TURARI 皿 black(S)

4,320
美しいラインと、シャープな細目挽きが印象的なデザイン漆器「TURARI(つらり)皿 black(S)+/-」。「つらり」とは一列に並ぶ様のこと。山中漆器の高度なろくろ技術によって可能になる器です。側面のふくらみ(+R)と、しぼり(-R)で揃えて並べればぴったりとフィットして、重ねれば波状のシルエットを創りだします。菓子皿やお料理の小皿として重宝します。
型(gat_turari):
数量:

お問い合わせ


作り手一覧

nipponismの最近のつぶやきを3件表示

"ニッポニズム"で検索した結果を5件表示

ページTOPへ

Globalsign SSL Site Seal

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Copyright (C) 2011-2017 Nipponism.jp, All rights reserved.