Nipponism ニッポニズム 日本には、まだ知られていない、人、技、モノ、文化が、たくさんあります

ニッポニズム公式ブログ

TOP > 作り手と出会うTOP >金属工芸|青木 有理子: 青木 有理子さん

生き物が好きで、金属が好きだから生まれた世界
富山を愛し、金属が大好きで、様々な場所での職人たちとの出会いから自分の生き方を見つけだした作り手がいる。青木有理子さんだ。彼女が創りだす作品に美術的な知識はいらない。生き物をモチーフに金属素材をたくみに操り、見る人触れる人が親しみを持ち、自然にファンになる…そんな作品を創り出す青木さんの「モノづくりへの想い」を聞いてみた。

     

地方を移り住んで生まれたもの

富山県黒部で生まれた青木さんは、転勤族の父を持ち、3歳で地元を離れ小学校4年生まで新潟に移り住んだ。その後、富山に戻り高校時代まで過ごす。卒業後、秋田公立美術短期大学へ進学した後、富山に戻り農協(JAbank)の支店と本店に3年間勤務。「OLもやってみたかったんですよ(笑)」と若い女性らしさを見せながらも、常に興味を持ち続ける青春時代を過ごした青木さんだが、幼少期は、「恵まれない国の人たちのために何かお手伝いしたかった」という気持ちから生まれた夢を持っていたのだったが、その目標は成就しなかった。ただ、その後の進路を、美術の先生をしていた叔父さんに相談したところ勧められたのが秋田の美短。そこで現在の青木さんの「作り手」への足がかりになる作品が生まれる。


 

金属工芸|青木 有理子: 青木 有理子

     

金属工芸|青木 有理子: 青木 有理子

 

卒業制作で生まれた代表作

秋田の美短時代に様々な作品制作をしていた青木さんだが、鋳物で作っていた作品を、「その作品は金属でつくる意味あるの?」と先生から理解を得られなかったこともあったという。悔しさの中でも、金属への想いから、鋳物にこだわり続ける中で生まれたのが、卒業制作の「はりねずみ」。わらを使った消失技法と鋳物の技術を融合してできた作品だった。その作品を、高岡クラフトコンペに出品したところ高岡市の全国的に活躍している鋳物メーカー株式会社能作、能作社長の目に止まり、商品化されることになる。今の作風が生まれた瞬間だった。

 

線
     

技術を求め、修行の日々

美短専攻科を修了し、OL生活の後は、金沢市が運営する卯辰山工芸工房に所属し創作活動に没頭する。この工房には講師が存在せず、市の助成を受けながら自身の技術を磨く場。青木さんは、鍛金(たんきん)技術を習得したかったという。鍛金(たんきん)とは金属を金床や烏口などにあて金槌で打つことで形を変えていく技法。指導者もいない中、鍛金の基礎を学んだ青木さん。目標を設定し実現する行動力は、「モノづくりへの情熱」を感じさせる。

 

工具: 青木 有理子

線
     

作品: 青木 有理子

 

新たな出会いと独立への想い

その後、高岡市に移り住んだ青木さんは様々な人が 集まり、坩堝(るつぼ)の中で混ざり合い、高岡という土地で新しいものを生み出すという想いを持つ「金屋町金属工芸工房かんか」という工房を、仲間とともに立ち上げる。かんか時代に、市内でも徐々に仕事をもらえるようになると、自分だけの工房を立ち上げて創作したいという気持ちが大きくなり、1年半ほどでついに独立。作り手「青木有理子」としての作品づくりをスタートする。当初は、自分の作品を制作販売しつつも、図面をもとに制作する下請け仕事などで、お皿やアクセサリーを制作していた。

「商売」を意識し始めたのはいつですか?という問いにも、「作り手として食べていけるように本格的に考え始めたのは去年ぐらいですかね」と笑う青木さん。肩に力が入っていない感じが印象的だった。

現在は営業活動など精力的にこなしながら、大好きな金属で作品を生み出す毎日だという。

 

線
     

コンセプトと青木ワールド

もともと美術家としての思考はなかったという青木さん。お客様にとっても分かりやすい「生き物」をモチーフに、生活に使えて面白く、持ってても使えるが、見てるだけでも楽しくなる作品を目指しているという。「金属の良さも伝えられたらうれしい」というコメントからも金属への愛が感じられる。「私の作品は完成されたものと言うよりは、使い手の想いや歴史が積み上がって一緒に完成するものと思っています。」という青木さんのことばに、昔、幼少期に抱いた夢の「人に対するお手伝いがしたい」という想いのつながりを感じた。

 

青木 有理子

タチ上ル/お香立て|青木 有理子

愛らしいカエルがちょこんと居座るフリースタイルのお香立てです。四角いフレームの向きを変えると、
まるでカエルが自由に動き回っているかの様です。

作り手紹介

金属工芸|青木 有理子: 青木 有理子

青木 有理子さん

秋田の短大で学んだ鋳物づくりで代表作を生み出し、高岡市内の作り手の中でも独特の作風を持つ。富山県の自然の中で育まれた感性と金属への愛情から生み出される作品には、どれもかわいさと面白さが溢れ、手に取るものの心を魅了して止まない。

通販ショップで商品を見る

青木 有理子

職人インタビュー

愛情から生み出される作品には、どれもかわいさと面白さが溢れ、手に取るものの心を魅了して止まない。

  • フォークレスト/ナイフレスト|青木有理子
  • 新種 : 陸ヒトデ | 青木 有理子
  • タチ上ル/お香立て | 青木 有理子

検索結果

  • 商品カテゴリー:指定なし
  • 店舗:青木 有理子
  • 商品名:指定なし
7件の商品がございます。
フォークレスト/ナイフレスト ナマズ|青木有理子
  • NEW

フォークレスト/ナイフレスト ナマズ|青木有理子

4,320
古来より守り神や厄除けの象徴とされているナマズモチーフに作られたナイフレストです。富山県高岡市 伝統の鋳物技術を活かした愛らしいシルエットは、ちょっとした豪華さとあなたの食卓に笑顔をお届けします。
色(knife_aok):
数量:

お問い合わせ

フォークレスト/ナイフレスト ドジョウ|青木有理子
  • NEW

フォークレスト/ナイフレスト ドジョウ|青木有理子

4,320
安来節のドジョウすくいの踊りや、江戸の郷土料理の食材として親しまれてきたドジョウをモチーフに作られたナイフレストです。
富山県高岡市 伝統の鋳物技術を活かした愛らしいシルエットは、ちょっとした豪華さとあなたの食卓に笑顔をお届けします。
色(knife_aok):
数量:

お問い合わせ

フォークレスト/ナイフレスト サンゴにヒトデ|青木有理子
  • NEW

フォークレスト/ナイフレスト サンゴにヒトデ|青木有理子

4,320
海の生物、サンゴとヒトデをモチーフに作られた可愛いナイフレストです。
富山県高岡市 伝統の鋳物技術を活かした愛らしいシルエットは、ちょっとした豪華さとあなたの食卓に笑顔をお届けします。
色(knife_aok):
数量:

お問い合わせ

タチ上ル/お香立て | 青木 有理子
  • NEW

タチ上ル/お香立て | 青木 有理子

10,800
富山県高岡市 伝統の鋳物技術を活かした、愛らしいカエルがちょこんと居座るフリースタイルのお香立てです。
四角いフレームの向きを変えると、まるでカエルが自由に動き回っているかの様です。
サイズ(aok_tachi):
数量:

お問い合わせ

唖蝉〜おしぜみ〜 香炉 | 青木有理子

唖蝉〜おしぜみ〜 香炉 | 青木有理子

16,632~17,280
富山県高岡市 伝統の鋳物技術を活かした、「蝉の幼虫」が地中から抜け出し、新たな姿に生まれ変わる。そんなシーンを作りあげた香炉です。蝉の抜け殻しか見たことがなかった作り手「青木 有理子」が初めて幼虫を見た際、静けさの中で月あかりをあびて、濡れたように光る幼虫の姿を静謐で存在感のあるお香と合わせました。唖蝉(おしぜみ)とは泣かない蝉、雌蝉のことです。
柄-唖蝉:
サイズ(aok):
数量:

お問い合わせ

新種 : 陸ヒトデ | 青木 有理子

新種 : 陸ヒトデ | 青木 有理子

4,644
富山県高岡市 伝統の鋳物技術を活かした、「ヒトデ」型のブックエンドです。
本立てに限らず、オブジェとしてインテリアでもお使いいただけます。あなたのお部屋に、”新種:陸ヒトデ”を飼ってみませんか?
数量:

お問い合わせ

コバンガエル / ペーパーウェイト|青木 有理子

コバンガエル / ペーパーウェイト|青木 有理子

9,720
富山県高岡市 伝統の鋳物技術を活かした、「カエル」型のペーパーウエイトです。時代劇のワンシーンで、積み重なった小判がお代官様にさし出される様子を連想して、名づけられました。文鎮に限らず、オブジェとしてインテリアでもお使いいただけます。3匹のカエルの表情やシルエットが、可愛くて癒されます。
数量:

お問い合わせ


作り手一覧

nipponismの最近のつぶやきを3件表示

"ニッポニズム"で検索した結果を5件表示

ページTOPへ

Globalsign SSL Site Seal

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

Copyright (C) 2011-2017 Nipponism.jp, All rights reserved.